幼稚園や保育園でお祭りを行うときに、保護者がお祭りの景品や屋台などを準備することが多くなってきます。お祭りなどのイベントを行うとき、用意しておかなければならないものの一つが、景品です。景品を準備するときに、子供が喜びそうな景品を選ばなければいけません。お祭りの景品は、1万円あればある程度の量の景品を用意することができます。100円均一で用意する方法もありますが、貰う方としても見慣れたものを景品としてもらっても、複雑な気持ちになってしまうかもしれません。幼児から小学生まで、男の子も女の子も喜びそうな景品を選ぶことは難しいことです。男女関係なく使える景品を選ぶことで、どんな子供も喜んでくれます。喜んでもらえる例として、自由帳や水鉄砲、スーパーボールなどが定番で、男女関係無く喜んでくれます。

子供に人気のお祭りの景品とはどんなものなのか

お祭りの景品では、男女関係なく使える自由帳や、昔ながらのおもちゃである水鉄砲やスーパーボールが無難に喜ばれますが、子供に最も人気のある景品は、キャラクターものが人気です。キャラクターものであれば、男女関係なく人気なものを選ぶとよいです。男女関係なく見ているテレビアニメのキャラクターを使用した鉛筆や、下敷きなどを景品としておけば、普段学校で使うこともできます。そこで注意しておきたいものは、シャープペンシルです。シャープペンシルは、学校によっては使用禁止になっているところもあるため、鉛筆を用意しておくとよいでしょう。他にも、1等には少し奮発して、人気キャラクターのフィギュアを準備しておくと、1等を取った子どもがみんなからの注目の的になるなど、お祭りの会場を盛り上げてくれます。

お祭りのハズレくじでも喜ばれる景品とは

お祭りの景品は、全員が全員あたりを取ることはできません。はずれを取ってしまう子もたくさんいます。そんなはずれを取った子でも、お祭りが楽しかったと思ってくれるように、はずれの景品も喜ばれるようにしなければいけません。1番子供に喜ばれるのが、駄菓子です。駄菓子なら大袋で購入することができ、小分けに包装することで小さな詰め合わせを作ることもできるため、はずれでもたくさんのお菓子を手に入れることができ、喜ばれます。駄菓子以外にも、キーホルダーや光るおもちゃをはずれの景品にすることも、喜ばれる景品の1つです。光る指輪などは、1個35円くらいからインターネットで購入することができるため、お祭りを行うときの予算に合わせた景品を、インターネットや駄菓子の問屋さんなどで選ぶことで、いろいろな種類の景品を用意することができます。