縁日やお祭りの楽しみと言えば景品だと思います。幼稚園や保育園のお祭りで子供が喜ぶものはどんな物だろうと頭を悩ませる親御さんも多いと思います。せっかくなら楽しんでもらいたいし、毎年同じではつまらないし、工夫をこらし準備を進めていきます。お祭りに景品があると、子供たちの目の輝きも違います。そんな喜ぶ顔を見られるのは準備する親としては嬉しいものです。そんな景品ですが、高いものだと数もそろえることができないので、あまり高価なものではなくてもいいのです。景品が少ないと渡せない子供も出てしまい、せっかくのお祭りが楽しい思い出ではなくなってしまいます。景品の中身に多少の差をつけるのは子供も盛り上がるので、良いと思いますが、全員に景品を渡せるように準備するように心がけましょう。

お祭りの景品を選ぶ際に気を付ける事

お祭りの景品はどんなものを用意すればいいのか難しい問題です。10人の子供がいれば10人それぞれほしいものが違います。景品の購入は母親がすることが多いので、どうしても女の子よりの景品になりがちです。母親が男の子の景品を用意するときは、父親に意見を聞いたり、男の子がどんなもので遊んでいるか、男の子の気持ちになって考えてあげたりすると良いと思います。男の子は女の子の景品を使うことが難しいですが、女の子は男の子の景品でも上手に遊ぶものです。母親の良いと思うものと、子供の欲しいものは違うので注意が必要です。昨今は、刀や鉄砲のような景品は危ないからと使わせないような傾向もありますが、親がしっかりと遊ぶ際の注意事項を説明し遊ばせることも大切です。子供の気持ちになって、子供が喜ぶ景品選びを心がけましょう。

お祭りで人気がある景品はどんなものなのか

お祭りの景品で子供が喜ぶものはどんなものがあるのでしょうか。お子さんがいる人なら、自分の子供が欲しがっているもの、持っているものを参考にすると良いと思います。定番ですが、流行りのキャラクターものは一番受けがいいと思います。光るおもちゃも子供は大変喜びます。夏祭りの夜、子供たちが持って遊んでいるのをよく見かけると思います。子供たち全員に景品を用意することを考えた場合、重宝するのがお菓子です。スーパーやコンビニでも売っているので、お祭りの当日でもサッと用意することが出来ます。お菓子をたくさん買って残念賞として一つ一つ配るのもオススメです。お菓子が嫌いな子供もいないと思うので、きっと満足して喜んでくれると思います。大きな袋に駄菓子をたくさん詰めて渡せば、上位の景品より喜ばれる可能性もあります。