夏祭りや秋祭りなど、お祭りを行う際にはくじ引きやゲームなどが付き物ですが、それには景品もお祭りには付き物です。主なターゲットは子どもになるので、景品には子ども達が喜ぶ色々な種類の物を用意しなければならないでしょう。例えば菓子類、文房具類、ぬいぐるみなどの雑貨類、ゲーム類などが挙げられます。子ども達の年代としては、5歳から小学校高学年ぐらいの12歳頃までと考え、女の子用と男の子用それぞれ選択しやすいような景品を用意しましょう。用意しなくてはならない数もお祭りの規模によって違いはありますが、参加賞などのたくさん配る用の景品は問屋などで大量に仕入れないといけないですし、大当たり用の少し高価な景品を用意する場合はネットで安く仕入れるなど、予算に応じて上手く準備を進めるようにしましょう。

子どもが喜ぶ景品にはどのような物があるのか

嬉しい景品をもらえたお祭りの思い出というのは心に残る物なので、景品選びはとても重要になります。まず景品選びで一番重要なのは、大当たりの目玉となる景品を選ぶことです。くじ引きやゲームなどに挑戦する気持ちになるきっかけを作ると言っても過言ではない大当たりの景品には、子ども達に人気のゲームソフトやゲーム機器を用意すると喜ばれます。飾っておくだけで大きな印象を与えられる人気キャラクターのぬいぐるみなども、低年齢の子ども達が食いつきやすい景品になるので大当たり用にふさわしいと思います。他の景品には、人気キャラクターの絵柄がついた鉛筆やノートなどの文房具用品、ハンカチやポーチなどの雑貨など学校や遊びに使える物が喜ばれます。はずれた場合ももらえる参加賞として駄菓子や飴などを用意しておくのも、挑戦して良かったと喜んでもらえるので準備しておきましょう。

お祭りの景品選びで注意すること

お祭りの景品選びは重要なので、注意するべきことがいくつかあります。景品代として使える金額には予算がつきものなので、大当たり用の目玉商品をかなり高額な物にしてしまうと他の景品が質素な物になってしまうので、予算を考えて均一に景品を用意できるように準備を進めましょう。子ども達に人気のキャラクター物を選ぶ時には、女の子人気と男の子人気、性別関係なく人気なキャラクターを準備するようにしましょう。景品の購入を検討する時には、100均一やお菓子の問屋を利用したり、ネット通販で安く仕入れたりするようにすれば予算を賢く使うことができます。最近では、予算に応じて様々な種類の景品を組み合わせた景品セットを販売しているネット通販もあるので、景品選びに行き詰った時はそのようなサイトを利用することも一つの方法として検討してみましょう。